どいんこ夫婦のハッピーリタイアへの道
金持ち父さんを読んで一念発起!夫婦でハッピーリタイア目指して奮闘中!!2014年にどいんこはサラリーマンを卒業!そしたらママになりました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転園します
どいんこ@保育園を転園します

本日は不動産業とはあまり関係ないです。

4/1より今お世話になっている小規模保育所(2歳児までの民間経営)から公立保育所に転園します。

いろいろ思うことたくさんありますね。

転園する理由は施設の充実さなんです。

今の保育所はいわゆる鉄骨賃貸マンションの1F店舗(隣は美容室)で運営されている保育所です。

保育士さんたちも本当によくしてくださって、不満は全くありません。

しかし、お庭やプール等がありません。

なので、今回公立保育所に転園するのですが、公立保育園の???と思うところありなんですよね。

オムツの処理なのですが、今の保育所はまとめて捨てますので、持ち帰りなんて必要ありませんとこのと。

で、公立保育園は個別バケツに入れておきますのでお持ち帰りくださいとこと。

ゴミ処理費用は掛かるかもしれないけど、

保管する場所(膨大なスペースのバケツ棚)や

いちいち汚れたオムツの名前みて個別のバケツに収納する保育士さんの手間考えたら、

まとめて捨てたほうが効率いいだろ・・・。(マジで)

これってどう考えても布オムツの名残でしょ・・・。

保育園落ちたなどいろいろ言われてるので入園できてるなんてありがたいと思わなきゃいけないかもしれないけど

こうゆう毎日のことってなんだか、????と思う次第です。

人気ブログランキングへ

ポチがあるとうれしいです
スポンサーサイト
小規模保育事業施設に決まる
どいんこ@役所にカチコミを入れていた件が終焉

息子(1歳)を保育園に入れて母は稼ぐ段取りをするために、役所と一悶着起こしたどいんこです。

先回のブログ保育園

役所の保育課に「異議申し立て」をしたところ、

保育課の係長が今月の選考でどいんこさんのおこさんは、

今月から認可保育園となる「小規模保育所」になりますとのTELがあった。

ですので、なんとか「異議申し立て」取り下げていただけないかと、打診がありました。

「小規模保育所」って、民間の事業所がマンションのお部屋の一室とかを借り上げてやってるところが多い。

お庭もないしなー、どーしようかなーと、ちょっと悩みました。

息子にとっていい環境って何かなと。

役所に第一希望の公立保育園にならないなら、

何度でも異議申し立てや再審請求をかけますよと脅しも可能だったのだが・・・。(←ヤカラだな)

夫に、一度その小規模保育所に見学に行って決めようと。(夫は本当に分別のある人なので)

そしたら、きちんとしているし、妥協してもいいかなと思い始めました。

ただ、役所の落としどころが納得いかないのがひっかかってる。

おそらく、一人くらいなら役所が頭を下げれば、どこかの公立保育園は引きうけは可能と踏んでいた。

が、役所は結局、民間の保育所を指定してきた、今月から認可保育所となる事業所だ。

これは、その事業所に対しての補助金の額がかなり増加したのだ。(おそらく)

公立保育園の園長さんっていうのは、基本的に公務員で部課長クラスなのだ。

だから、上に向かって頭を下げず、民間の事業所に対して融通を利かせた感がアリアリとある。

ここが気に食わないが、ゴネても一時保育で週3日が続いても意味ない。

役所が提示した条件で、手を打って異議申し立てを取り下げることとした。

役所は、取り下げる旨の書類を一枚欲しいと、粘って帰って行った。

仕方ないので、PC作成して提出しましたが・・・。

保育園に入れなくて、困っているお母さん、これ読んだら「異議申し立て」フォーム差し上げますので

ご連絡下さいね。

人気ブログランキングへ

ポチがあるとうれしいです
市役所にて
どいんこ@ほとんど恫喝のような異議申し立てを窓口でする

すみません、今回は不動産投資はあまり関係ありませんが、

子を持つ親として稼ぐために子供を一時保育園に預けて経済活動を行わないとなりません。

大家業は比較的自由度はありますが、目が離せない乳幼児の面倒を見ながらではとても無理なのです。

自治体に保育園の申請をしましたが、定員満員のため不許可決定通知書に対して

「行政不服審査法に基づき異議申し立て」を行いました。

集団申立としては杉並区なんかが有名ですが 杉並区保育園ふやし隊

どいんこは取りえず、60日以内に申し立てをしないといけないので、書式を整えて本日行ってきました。

●●市役所 保育課 窓口受付のおねーさん「今日はどういったご用件で?」

ど「異議申立書を持参しました、責任者の方をお願いします」

保育課 係長「おはようございます、あのこちらは弁護士さんか何かに書面をかいてもらったものでしょうか?

なにぶん、異議申し立ては初めてのことなので・・・・」ものすごく弱気

(ってかこの自治体、異議申し立て初めてなのっ・・・)

ど「いえ、私が作成したのです」

保育課 主査「なにぶんわたくしどもの市は、待機児童の多い地域でして、

みなさんお待ちいただいているんです、ですので異議申し立てをしたからと言って、

保育園に入所できるというわけではないんです」(ちょっと強気)

(「待機児童が多い地域」それって、役所の人間が威張っていう言葉じゃねーだろ)

ど「それは、重々承知しています!

私は子供を預けて働かないといけないので現状は非常に困っています

それを解消すべく市役所に来ています、それが解消されるのであれば

申し立ては取り下げさせていただくこともやぶさかではありません。」

ど「行政不服審査法に基づけば20日以内に行政府は申し立ての回答義務があるので

申立書の内容に沿った形で、ご返答下さい。」

基本的に自治体は、申し立てがあったら、一年ごとに集計して何件あったかを情報公開しないといけない。

ど「毎月保育園の申込に対して、入所保留の決定が出るなら私は毎回申し立てを行いますし

それが継続されるなら、行政訴訟も辞しません」

と、恫喝ともとれる申し立てをしてきました。(自分がイヤになるが・・・)

どんな回答が、市役所から送られてくるやら・・・。

人気ブログランキングへ

ポチがあるとうれしいです
copyright © 2005 どいんこ夫婦のハッピーリタイアへの道 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。